住宅

管理規約がポイントです

不動産

管理規約を調べるべきです

マンションを貸すということはマンションオーナーからすれば何かあった場合に賃貸にして少しでも賃料を得たいと考えるところです。最近は民泊というようにホテルの代わりに外国人に貸すということもあり、最近は外国人旅行者も増えているということから注目されており、通常の賃貸で賃料を取るよりもホテル代わりに貸す方が一般的に収益性も高く、少しでも利回りを上げたいと考えるマンションオーナーには非常に魅力的な活用方法です。しかし、マンションを貸す場合に、特に注意をしなければならないのはマンション管理規約に禁止事項としてどういうものが禁止されているか確認をすることです。転勤などでやむなく賃貸とすることを禁じているケースは少ないのですが、ホテル代わりの民泊の利用は疑義があるケースもあり、きちんと事前にチェックをすることが大切なのです。

民泊はブームです

民泊は東京オリンピックを控えて、外国人を日本に呼び寄せようと政府を挙げて努力をしているところであり、民泊の活用をしたいというマンションオーナーは多く、人気の活用法となってきているのです。民泊を代行する業者も増えてきており、マンションを貸すのはそうした代行業者に貸してしまい、種々のトラブル対応まで含めて代行業者にお任せというパターンもあり、マンションを貸すといってもすべてをお任せできるのであれば、あまりマンションオーナーとしては負担もなく、気楽に取り組めるということになっているのです。賃貸住宅の場合は1年、2年と比較的安定した収入が得られるのに対して、ホテル的な民泊の利用では長期の安定した契約ではない代わりに収入は多いということがあり、外国人旅行客が増えている今は民泊が人気となっているのです。